豊富な職種とやりがい

一口に公務員といっても、その仕事内容は多種多様です。役所で住民票などの書類を出してくれたり税金の手続きをしたりする窓口業務もあれば、地域の安全を守ってくれる警察官も公務員です。それらの仕事内容は、大きく2種類に分かれており、仕事内容によってさらに細かく分けることができます。やりたい仕事内容のほかに、勤務地や転勤範囲などの勤務条件によっても受験対象が変わってきますので、事前によく調べ理解することが大切です。

大きな2種類の区分は、みなさんも一度は聞いたことがあるかもしれませんが、国の機関に勤務する「国家公務員」と地方自治体に勤務する「地方公務員」があります。

細かな業種による区分では、私たちが役所でよくお世話になる一般行政の事務職のほか、
土木や建設、機械関連などの技術をもった専門職、児童指導員などの福祉・心理職、地域の治安維持を担う警察官や消防官、そして、教師や栄養士や保育士などのような資格免許が必要な職種もあります。どうですか? こうして公務員の職種をあげていくと、いかに私たちの身近なところで多くの公務員が働いているかわかります。つまり、公務員になると、自分の仕事を通じて直接的に、地域社会への貢献と地域の人びとのより良い生活への手助けが可能になります。これは「確かなやりがい」となるでしょう。


About the Author

管理者