今だから資格取得を

景気や世情による企業の倒産や解雇、雇用形態の多様化による賃金格差など、仕事や雇用情勢に関して気が重くなるようなニュースが多い昨今。安定を望むときに、資格取得を目指す人は多いでしょう。2017年3月卒業予定の大学生を対象に、調査会社(リンクモンスター)が調査をした「就職したい企業・業種ランキング」では1位が地方公務員で2位に国家公務員がランクインしました。人材サービスを提供するアデコグループが子どもを対象に調査をした「将来就きたい仕事ランキング」でも、男子の3位と女子の5位に公務員がランクインするなど、子どもから大学生、さらには社会人にいたるまで、幅広い層に資格として「公務員」が注目されています。

いつの時代も、「仕事や生活の安定=(イコール)公務員の資格取得」という認識を、多く人が持っています。では、多くの人がイメージしているように、公務員の魅力とは “安定”だけなのでしょうか? まずは公務員の魅力と実態を理解しましょう。

公務員の代表的な魅力としてあげられるのは、安定・充実した仕事内容・福利厚生・平等性があります。日々のニュースでも雇用形態の多様化や業績に影響を受けたリストラなど、将来性に不安を感じることも多い中、民間企業とは異なり、公務員の地位は法律で保障されている上、ワークライフバランスへの取組みが充実しています。ワークライフバランスの実現や実力主義の雇用制度により、性別や年齢に関係なく自分らしく働くことができ、安定した環境でキャリアアップを実現することも可能です。


About the Author

管理者